口臭の原因|喫煙の構造とその対処法

口臭の原因|喫煙の構造とその対処法

1・私の口臭体験について

口臭については色々意見があるようですが、私の体験した一番嫌な体験は喫煙による口臭の匂いです。

 

口腔内に蔓延しているニコチンやタールが一度口腔内に入り、呼吸によってまた、出てくるものでなんとも嫌な臭いにおいがします。

 

特に喫煙というとニコチンとタールの中でも、ニコチンがもっとも悪い作用を肺胞に結びつき、息を吐き出したときに周囲にまるで車の排気ガスのように撒き散らすと思いがちですが、実はニコチンよりもタールのほうがその被害は大きいのが特徴です。

 

ですから、呼吸をしていて息を吐いたときにタバコの嫌な臭いにおいとは、実はタールと他の体内の異物の消化不良の物質が混在して出てきたものであるということができるかと思います。

 

2・喫煙による体内の被害について

タバコの成分であるニコチン・タールは、呼吸器の中の肺胞という酸素を取り入れるぶどうの玉のようなものに付着し、段々それが多くなると即ちニコチンやタールが
その肺胞に付着することで、息がしにくくなり自身の力で呼吸が出来ません。

 

したがって、医療用の酸素でその酸素を補ってあげる必要があります。

 

そこで一番あげられる病気が、呼吸器不全即ち肺がんです。

 

この病気になりますと、レントゲン写真を撮りますとニコチンやタールに汚染されている肺は真っ白に写ります。

 

また、たばこをすって吐き出すことを伏流煙といいますが、口腔内の食べた消化不良の臭いと空気中の異物とがくっつき、酸素を肺胞で吸収し二酸化炭素を吐き出すときに、嫌な得意な臭いとなって口腔内より出てきます。

 

また、体内のストレスにによる数々の消化不良によっても喫煙の体内の被害は起こりやすく、特に胃や小腸や様々な異物を分解する60兆個の細胞から出来ている、肝臓にも影響が及ぶことになり注意が必要です。

 

3・対策について

  • まず喫煙者の下に近づかないこと。喫煙は自身により周囲の人に伏流煙となって車の排気ガスのように撒き散らすことが知られていますので注意が必要です。 
  • 喫煙者はしっかりと歯磨きをし口腔内をいつも清潔にしておくこと。
  • ストレスをためて消化器や肝臓に負担をかけないこと。

 

以上のようなことを心がけ毎日快適な生活を送りましょう。

 

 

>>口臭対策で人気のサプリはこちら<<

 

>>口臭予防・対策ページに戻る<<

関連ページ

口臭で気をつけてること
口臭で気をつけていることは、口内を清潔に保つことです。歯磨きを丁寧にすることは勿論ですが、歯ブラシにも気をつけています。自分にあった歯ブラシを選ぶのが大切ですね。毛先が細かいのを選びます。ブラシが大きいのを使い始めたんですが、磨きにくいかな?と思ったんですが、一気に磨けて便利です。
何故口臭がこんなにも臭いのか
口臭の原因はさまざまな要因があります。私も口臭がかなりきつい経験をしたことがあります。口臭がきついと他の人と一緒にいるだけで臭ってしまうし、自分では恥ずかしかったり迷惑をかけてしまいます。
色々な口のにおいについて
歯科医院に勤めていました。口臭は自分ではわからないことが多いです。口臭が気になって来院される方は、ほとんどは家族けら指摘されて来られます。他人ではなかなか指摘しづらいことなので、家族に言ってくれる人がいることはありがたいことです。 口臭がある患者さんにはそれぞれ色々な原因があります。
どのようにしてちょっとでも軽減するか
私が一番嫌いな口臭はタバコの臭いです。それは私自身が小さい時から父親が喫煙者だったこともあり、父の口の臭いは嫌だったなぁという印象を持っているからです。
日常生活と口臭対策
私は他人からは口臭が臭いとは言われないですが、自分で自分の口臭が気になります。人と話をするときはもちろん、朝起きてから、仕事中、テレビをただ見ているとき、ご飯を食べてから等、、普段から、日常生活を送っている中で、常に自分の口臭が周りの人にどう思われているのか、すごく気にしています。
自分で確認できない口臭
口が臭い対策や原因、予防は口臭サプリがNO1!子供や女性に支持されるおすすめの口臭サプリ。彼氏彼女に嫌われない為にも口臭予防はしっかりとしましょう。